目が痛くなってしまったならば、何も考えないで、休むことにしています。潔く。
やっぱり、私って、あかんわ、他人との競争、そもそも向いていない感じです。それに、仮に競争したとしても、今の私では、負けてしまってどうしょうもないのかなぁ、そんな風に思えてきました。
そのわけは、不本意ながら、この秋に、生まれて初めて、目の血管が切れてしまって、思うような行動が取れなかったこと、また、お医者さんへ行かざるを得なくなったこと、お医者さんでは、患者さんが私だけではなかったこと、当然、待ち時間も発生します。
そして、また、血管が切れることがないようにと、無理は一切やめたつもりでした。この辺は、潔いなぁ、自分で自分を褒めることにしました。
そして、目が出血してしまって、しばらくしますと赤みが取れてきて、その間もできるだけ目を休めていました。これ以上、悪くなりたくないと思っていたのです。
それからは、目がかゆくなってしまいました。また、目医者さんへ行きました。仕方がなかったのです。続きましては、目のアレルギーでした。不幸せなことに、左右の目でした。あー、早く良くなりたいです。渋々、薬をもらいまして、お金を払いました。